依頼先を決める

綺麗な浴室

住宅はその時代によって形が違います。
古い話と言われるかもしれませんが、今から200年ほど前はマンションなどはなく、町人は長屋に住んでいました。
今のアパートのことですが、今はこのアパートもマンションが立ち並ぶようになると随分と減ってきたと思います。
最近の傾向としては、都心部は土地の関係でマンションが増えていますが、緑が比較的多い郊外は一戸建てがまだたくさん建設されています。
一戸建てにも分譲と建築がありますが、現在は分譲のほうが人気があります。
これは分譲のほうが安いことや、割と早い期間で建物が完成することが挙げられます。
ただ、注文住宅の建設も根強い人気があるのも事実です。
それは自由設計という建売住宅には決して真似できない強みがあるからです。

注文住宅は自由設計ができるという点がほかにはない個性ですが、自由設計にすることで、法律の範囲内であればどんな建物面積や間取りにしても構わないということです。
これにより、和風の家を作ることもできますし、北欧のような家を作ることも可能になります。
また、趣味の部屋や3畳ぐらいの書斎スペースを設計することも自由なのです。
このようにその家族の生活スタイルによってこだわりを表現できるところに自由設計には価値があると言えます。
その反面注意をしておくべきこともあります。
それは自由設計にすることで、思ったよりも金額がかかるという点です。
例えば家族の要望をすべて聞いてその通りに住宅を設計したら普通に建てるよりも2倍ぐらいのお金がかかってしまったということがあり得るのです。
そこで、どうしてもこだわりたいと言うところだけにお金をかけてそれ以外は普通の設計にすることで価格も安く抑えられ満足感も満たされます。